運気アップ!金持神社と大山・とっとり花回廊の旅

本日10月22日は「即位礼正殿の儀」で祝日です。
天皇陛下の即位礼正殿の儀を祝しまして、心よりお慶び申し上げます。

さて本日のブログはちょっとした旅行記です。

今年の私のテーマは「人生を楽しもう」です。
休日は好きなことに時間を使って、大切な家族と楽しい体験を共有することを心掛けています。

私が好きなものは「花」と「山」
そして「お金」
(*Ф∀Ф*)テヘッ

先日その3つを全て兼ね備えている「鳥取県」へ遊びに行ってきました。
 

開運!金持神社

当ブログは曲がりなりにも投資ブログ。今回の旅で訪ねた場所のうち、まずは「お金」にまつわる場所から紹介します。

鳥取県西部にある、その名も「金持神社(かねもちじんじゃ)」です。
大変ありがたい名前の神社です。

「金持神社」と書かれた鳥居
厳かな雰囲気のお社

厳かな雰囲気の鳥居とお社です。

市街地から離れた場所にある小じんまりとした神社でしたが、多くの方が参拝に訪れていました。皆さんご利益にあずかりたいのですね。私もその一人です。。

「努力しますので、末永く家族と豊かな生活を送らせてください。」とお願いしました。

大吉だっ!

おみくじを引いたところ大吉!
箱の中で1つ手の中に飛び込んできたくじがあったので「これだっ!」と掴みました。運をつかめたかな?

金持神社で大吉を引けるとは、幸運ですね。

御朱印も金!

御朱印とお守りを授かりました。御朱印は白地のものと金色のものがありましたので、迷わず金色を選ばせていただきました。

黄色の開運お守りも授かり、もうこれだけで運気が最強になった気分です!

サルビアが満開!とっとり花回廊

夫婦で大好きな「花」のテーマパーク、とっとり花回廊を訪れました。

季節は秋口。丘一面のサルビアが満開でした。

サルビアと空のコントラストが綺麗
絵画のようです

まるで絵画のような素敵な丘。心が洗われるようでした。これだけの株を植え付けて手入れするのは並大抵のことではないと思います。感銘を受けました。

そしてサルビアの丘からは大山が望めます。

別の名を「伯耆富士(ほうきふじ)」とも呼ばれる大山は、標高1,729m。日本百名山や日本百景にも選ばれた立派な山です。

「山」と「花」を一度に味わえる、とても素敵な場所でした。

とっとり花回廊は、通路のいたるところに展示されている花々も大変良く手入れされており、そしてどれもセンスが良い。

多数展示されているハンギングバスケットは1つ1つが全て異なる構成で作られていて、とても素敵です。

秋らしいシックな色使いが「さすがプロの技だな…」と感心させられました。プロはありきたりな花を上手に組み合わせて、このように素敵に見せることができるんですよね。勉強になります。

押し花キーホルダー作り

とっとり花回廊の中に「押し花を使ったキーホルダー作り」を体験できるコーナーが設けられていたので、夫婦で参加してみました。

小花の押し花。全部本物です。

綺麗な小花の押し花は、体験コーナーの先生が野草などを色水に浸して何日も掛けて作られたもの。

綺麗な押し花を作るためには毎日新しい紙で挟みなおす必要があるらしく、この小さな花を1つずつ毎日手入れしているとのこと。大変な手間が掛かっていることが容易に想像できます。

これで料金はたったの550円。ちょっと安すぎでは…と恐縮しながら体験させて頂きました。

小花を1つずつキーホルダーに乗せていくだけなのですが、これがなかなか難しい!左上の完成品は先生が作られたサンプル。

先生は「こんな感じですよ」と数秒でパパパッと実演して見せて下さるのですが、なかなか思い通りにいかず夫婦で悪戦苦闘…。

なんとか完成

30分くらい掛けてようやく完成させることができました。なんとかおじさんでも作ることができました。

先生の人柄の良さと、押し花を作る大変さを知ったために、私にとっては物凄く大切なキーホルダーになりました。

できるだけ色落ちさせたくないので、鑑賞するときだけ袋から出すようにしています。これは普段使いにはできないです…。

ペンションで出会ったヤマガラ

宿泊先のペンションでは野鳥の「ヤマガラ」がエサを貰いに来るというので、早朝に起きて会いにいきました。

まずエサ箱にひまわりの種を一つまみ置いて待っていると、どこからか可愛らしい鳴き声が聞こえてきます。

…やってきました。

ヤマガラさんです

柱の陰に隠れてカメラを構え、エサ箱にピントを合わせて息をころしてジッと待って撮影しました。ちょうど種をくわえているところです。なんとも可愛らしい!

ペンションのオーナーさんのお話によると、人に慣れているのでタイミングが良ければ「手乗り」ができるとのこと。

半信半疑で妻が手の平にひまわりの種をのせて待っていると…

なんと!本当に来ました

本当に来たのです!驚きました。

まさか野鳥を手に乗せられるとは。大変貴重な体験です。ペンションのオーナーさんとヤマガラさんに感謝です。

ヤマガラさん、ありがとう!

以上が今回の旅行記です。

スケールの小さなミニ旅行でしたが、自然に触れながら、時に胸が熱くなるとても素敵な旅行でした。

また行きたいな~。(= ̄ω ̄=)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ サラリーマン投資家ランキング