2018年末時点の保有資産

2018年12月末時点の保有資産をまとめます。
 

2018年12月末時点の保有資産

現金資産が 1,040万円、長期投資資産が 138万円、中短期投資資産が 184万円です。

資産保有(評価)額備考
現金(円)10,300,000 
現金(ドル)104,259947.81USD(1ドル110円換算)
SPDR500 ETF607,64027,620円(22口)
楽天VTI316,03710,699円(32.44口)
iDeCo456,544NYダウ・ニッセイ外国株
日経レバレッジETF537,88015,820円(34口)
個別株224,400 
CFD日経2251,082,20019,794円(5枚)
資産合計13,628,960 

2018年1月時点との比較

1月に決めた運用方針通り、1年掛けて現金から長期投資へ120万円を振り分けましたが、なんと現金預金が増えてしまいました・・・。

資産1月12月末増減
現金預金9,480,00010,400,000+920,000
長期投資資産227,7911,380,000+1,152,209
中短期投資資産1,000,0001,840,000+840,000
合計10,707,79113,620,000+2,912,209

よくよく考えてみれば当然の話で、今年の給与所得で貯蓄に回せる分も投資しなければ現金の保有比率は減らせない訳です。

また今年は会社の業績が良く、給与所得が予想よりも多かったことも現金の保有比率を高める原因になってしまいました。(とても有り難いことですが・・・。)

現在のポートフォリオ

中短期投資に振り分けている資産を「すぐに現金化可能な資産」として考えると、実際には1:9で現金を保有している感じです。

これらの状況を踏まえて、2019年の運用方針を決めていきたいと思います。「機会損失」と「時間リスクの分散」という言葉のジレンマにしばらく悩み続けることでしょう・・・。しかし焦らず、無理せずをモットーにしていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ サラリーマン投資家ランキング